あっさりと・・

・・修行の方、あっさりと終わってしまいました・・(T_T)
・・まだまだ未熟でございます・・
大阪毎日オープン・ベテランの部
神戸総合運動公園テニスコート・・
・・駐車場がコートのそばでしたので非常に楽でした・・
・・料金は1日500円です。良心的・・
(規模が大きい大会ですので、各年齢で試合会場が異なります。今回は5箇所で開催されてました。)
・・ベテランJOP大会は、試合の放送が無い場合がほとんどです。
・・このように「ずらぁ~・・」っと配置されます(オーダー・オブ・プレー)。
・・大会によっては「少しずつ」配置される場合もあります。

また、「この試合は、この時間以前に始まることはありません」っていう区切りが記してあります。
「NB11:00」・・とありましたら、「11:00以前に始まる事はない(NB/ノット・ビフォー)」ということになります。

・・「あと何試合目だから・・まだ・・」なんてのんびりしてると、前の試合が不戦勝・・とか、途中リタイア・・とかで、いきなり順番にまわってくることもありますから、常に自分のコートの様子を気にしている必要があります・・

・・皆さん待っている間は、他の試合を見てたり、仲間同士で話をしてたり、ジョグしてたり・・と様々です。
・・情報交換の場でもありますね・・

・・また、コートが変更となる場合もあります。この場合は放送などで選手が呼び出される場合が普通です。

・・自分の順番が回ってきて、おもむろにコートに入り・・相手の選手と一緒にロービングアンパイアから試合方法の説明を受けます。
(ロービングアンパイア・1名で普通4コートまでの様子を見ているレフェリーで、審判台には座りません。広く見渡せる場所で、個人的なイスに座っている場合があります。何か要求がある時やトラブルが発生した場合に選手が呼ぶことができます。トイレでコートを離れる場合も必ずロービングアンパイアに許可をもらう必要があります。試合は原則セルフジャッジ。明らかにミスジャッジがあった場合はオーバーコールを行う権限を持ってます。)

以前はコートレフェリーって呼ばれてましたね・・

・・大会によっては、ある程度まではセルフジャッジで、決勝のみ(または準決勝から)審判がつく場合があります。ちゃんと審判台に座って、コールしてもらえます。ただしボールのイン/アウトの判定はプレーヤーが行い(セルフジャッジ)、アンパイアは、プレーヤーの判定が”明らかに間違い”であると判断したときだけ、その判定を変更することができるシステム(SCU・ソロチェアアンパイア)・・がほとんどです。

・・JOPベテランの試合はほとんど3セットマッチです。
・・ただし、ノーアドバンテージ(40-40・デュースになったらレシーバーがサイドを指定して、1本勝負となる。フォーティ・オール・・とコールします)が多いです。

・・あと、1セットオールとなった場合に3セット目の替わりに10ポイントタイブレークで決着をつける場合もあります。「スーパータイブレーク」と呼ばれてます。10-8や10-5などで終了。2ポイント差をつける必要がありますので、時々、18-16・・や22-20・・なんてとんでもない結果を見ることがあります・・恐ろしい・・(^^;)

・・今回の私の年齢のシングルスは、
3セットマッチ・ノーアドバンテージシステムでした。ダブルスのみファイナルセットはスーパータイブレーク・・のようでしたね・・

・・試合終了後は勝者が本部に報告に行く場合がほとんどです。

・・ベテランJOPには、A・B・C・D・E1・E2・F1・F2、というグレードが設けてあり、Aは全日本ベテラン選手権となり、この大会の出場を目指している方がほとんどだと思います。
獲得ポイントによって厳しい出場枠がありますので、年間を通してB~の大会でポイントを稼ぐ・・という感じです・・(Bでもポイントによってカットされます。ポイントは1年間のみ有効で、結構大変です・・)

・・大きな大会で「ドバッ!」とポイントを稼いで、あとは全日本までのんびり・・なんて方もいらっしゃいます・・うらやましい・・・(^^;)

・・さて、私の次は関東選手権(B)でございます・・

・・ちょっとずつでも「進化」できたらいいんだけどなぁ~・・・