練習・・

・・今日は悪友と2時間ほど練習いたしました・・

・・乱打→マッチ連(試合練習)の流れです。

【個人的な備忘録】

■サービス打った後、「これでもか!」、というくらい素早く次の準備(構え)をしてみる。
スプリットステップを2回行う位の気持ちで・・
→今までになく余裕を持って返球に備えることができた。
→結果、相手にプレッシャーを与えるコースに配球することができた。

■ダブルバックハンドのストレートが思いのほか有効であると発見。
→ここ1年でバックをダブルハンドに移行・・まだ練習が必要だけど、まあよくここまで変えられたな・・と。

■サーブの時、トスした左手を「腹」に強制的(素早く)に抱え込んでみる。
(いままでは「だらぁ~・・」っとそのままだった→身体が前方に流れやすい)
→腹に強く抱え込む意識により身体が前方に流れなくなり、結果、今までよりも打点にパワーが集中する感じが得られた。

■サーブインパクトの時、身体が前方に向かないよう、上記と同時に意識。
(横向きのまま打ち込む感じ。ラケットエッジからスイングする意識が高まる)
→特にスライス・スピンで「切れ味」が増した感じ。

■サーブの時、下半身から上半身への力の「伝わり」を再意識。
→やはりこれは絶対大事だなと・・。疲れてきたり、焦ってきたりすると上半身だけで打ってしまいやすいので、確率が格段に下がる。伝える「速度」でも結果が相当変わる感じ。クイックか、ゆったりか・・。


今年のベテランJOPシングルスは5月から参戦再開するつもりです。4月はちょっと日程調整できなかった・・

・・でも練習すればするほど課題は見つかるものでして・・なかなかうまくいかないものですねぇ~・・(-_-)