過去はエルボーで・・・

■レッスンで「派手な」ボール出しをしたり、自分の練習や土曜日ナイターの八王子練習会なんかで「派手に」打ち合ったりすると、今でも肘が「痛・重たく」なります。
またそれに関係して「肩」周辺も重たくなります。

昔やった「テニスエルボー」の「なごり」なんですね・・・。

振り返れば相当「苦労」しました・・。

始まりは、たった「1球」だったんですよ・・


かれこれ7・8年くらい前になるのかな・・

・・いやもっと前だったかもしれない・・・

当時のコーチ仲間で寒い冬に寒い山奥で合宿やったんですね・・・

スタッフだけの、結構まじめなキャンプでした。

富士五湖周辺だったかな・・・


夜のインドアでの練習・・・

ホント寒くて、審判台のところに石油ストーブがあったのを覚えております・・・

バックハンドストロークの順クロスの打ち合い・・・

相手は一回り年下の、若者コーチ・・・


結構いい調子で打ち合ってたんですね・・・バックだけで・・・


ところが!!


「とある」1球・・・


「なにげない」1球・・・


ちょっと強めにひっぱたいたその時・・


「ビン!!」


って何かが肘部分で響いたんですね・・


「痛っ!!」


とっさに感じました。



・・でも当時はのんきなもんでして、たいして気にも留めず、続けて打ち合ってたんですね・・・


・・・はい、この「1球」だったんです・・始まりは・・・。


それからは大変でした・・・・


当時はレッスン数も週30とか35以上・・・

試合も結構出てましたんで、ホント治らない・・・。


ひどいときは


■バックボレーが片手で打てない・・・

■バックハンドストロークも片手はきつい・・・

■食事で「おはし」が使えない・・・

■トレーナーやTシャツが普通に脱げない(腕をクロスして上に上げる動作が×)

■ドアノブが回せない・・・

■精神的にイライラする・・・

・・・等々。


当時の対策といたしましては、

■テンションを落とす。
・・50→40→30ポンドと下げていき、最低記録は15ポンド!
しかもラケットはオーバーサイズ。

もう「手張り」以下の「超マニアックな」世界です・・(^^;)


でもこれはこれで「楽しかった」な~・・・・

テイクバックはほとんど無し・・・

ある意味「面」だけのテニス・・・


メリットはやはり肘に優しい・・・(私の場合はネ・・・)

相手の勢いを利用するショット、特に「ボレー」が楽。


「チョン・チョン・チョン・・・」てな感じ。

まあ当時の自分は試合でもほとんどストロークは打ってなかったですし・・というか、嫌いでした(^^;)


課題は、

とにかく「すっ飛んでいく」ボールを、どのように「制御」するかということ・・・

やはり直線的な軌道のボールになりやすいので、対「ボレー」のストロークなんかは、ほんと、ストレスがたまりました・・・。

・・あと、どうしても「小手先」のテニスになりやすいので、足が動かなくなる・・・(おおざっぱなフットワークでボールを処理してしまう・・。)

逆説的に言うと、「足腰に優しい・・・」のかな・・。
まあ、

テンションを下げる→パワーがアップする。

・・という図式もありますので、これはこれでありだったんでしょう・・・。


現在はまた戻って50ポンド付近が多いです。

でも時々30ポンドくらいのを使って「ニヤニヤ」しながら「らく~に」テニスしたくなるときも・・・。

・・結構面白いですよ。


■気がつけば上の子は小学校2年生、下の子は3才に・・・

言いたかないけど


「はやっ!!」


上の子は立派に言い返してくるし、戦いごっこでの「パンチ」は痛くなってくるし・・・下の子はますます頑固で負けず嫌いになってくるし・・・


・・最近は朝・下の子園に送る→日中レッスンや店で仕事→夕方また園にお迎え→夜寝かせた後にまた店でお仕事・・・が続いておりまして、ちょ~っと・・ていうか、ずーっと寝不足状態・・・。

・・夕方でお仕事終わらなくなっちゃったな~・・・

妻もフルタイムで働いてるんで、家では、こと家事・育児に関しては夫婦の立場は一緒でございます・・我が家は・・


台所片付け・・洗濯・・風呂掃除・・部屋掃除・・トイレ掃除・・
子供とお風呂・・寝かせる・・・も実は重労働・・

寝かせた後にまた起きて仕事に行くのが、最も「辛い」・・・

もう立派な「仕事」です・・


まあ我ながらよくやってますよ・・・ホント。

一人っ子の自分がよくぞまあここまで変わったもんだ・・・ってね・・・

結婚直後の妻の私に対する「教育」が良かったんでしょうネ・・・


しか~し、「息抜き」は絶対必要!!

・・て思っておりまして、またいきなり2・3日「お休み~・・」をいただくことがあるかもしれません。

その節は「充電期間」ということで「お察し」ください・・(^^)