子供とは・・・

■雷鳴と遠くに見える稲光の中、PCに向かっております。
雨量・雷情報のWEBで確認したら、小田原のあたりで集中「雷」状態でした。
結構遠くまで聞こえる「見える」もんなんですね・・・。


今日はビール買うの忘れてしまった・・。
冷蔵庫を何度ものぞいて「どっか無かったかな・」って未練がましい私。

保育園の夏休みが終わり、またいつも通り朝と夕方、私が送り迎えに行っております。

朝は9時頃(朝レッスンがある時は8時頃)に送り、夕方は18時まで。18時過ぎると延長保育料が必要なため、夕方はいつも必死です(^^) 17時30分には店を出なくてはなりません。

その後は「張り」が残っている場合は子供(5才と1才)を店に連れ込んで、どらえもんやアンパンマンを見せ、だましだまし仕事しております。

上のお兄ちゃんには「お客さん来たら挨拶すること!」っていつも言ってるのですが、やはりそこはまだ子供。挨拶に感情がこもっていないんですね・・。

ただ、ちゃんと挨拶ができたならほめることにしております。

ほめる度レベル3:お客さんの方を見て「いらっしゃいませ」や「こんにちはー」が言えたとき。
機嫌の良いときは「ありがとうございました。また来てください!」なんておしゃれな言葉も言っております。(ただし棒読み・・)

ほめる度レベル2:一応言えたが、感情がこもっていないとき。

ほめる度レベル1:私が促してから言えたとき。

叱る度レベル1:お客さんを見ずに(アニメを見ながら)声だけ挨拶の時。

叱る度レベル2完全無視!!(アニメ最高潮時)

叱る度レベル3:挨拶とは別に、アニメを見ている子供とテレビの間にお客さんが立ったときに

「ねぇ・・じゃまぁ・・見・え・な・いぃぃ!・・・」
とほざきやがったとき!

ちなみに下の子の方はまだ「ウーッ」「ウワァ・・・」「アーッ・・」母音のみです。

・・Jeyご利用の皆様、夕方以降はご迷惑をおかけ致しております・・・。

まあ、一人っ子で子供の頃、他人と話すのが苦手だった私とはだいぶ違うようで、特に上の子はそんなに人見知りはしないようですね・・。


■家内が作った夕食を子供らが食しているときの一こま。

家内「どう? おいしー?」

上の子「おーいしー!!」
下の子はちょっと食が進まず。

ここでお兄ちゃんががんばった。
お兄ちゃんらしくがんばって振る舞った。

下の子に向かって
「ちゃんと食べなきゃだめでしょ!」

「ウンウン・・」家内と私はうなずく。

「美味しくなくってもちゃんと食べなさい! 分かった!?」
・・・私爆笑、家内真顔・・

その横でお兄ちゃんが誇らしげに「いい顔」しておりました・。